Way2Real(ウェイ・トゥ・リアル)

From Honolulu, Hawaii

W2R Kookai Presents

ディープなアメリカ
アメリカ大統領選挙 in 2008

ついでの英語 de
アメリカ大統領選挙

››› WAY2ReAL オンライン SHOP

Image: Over the sky

  Home > ディープなアメリカ > 2008年アメリカ大統領選挙 > ついでの英語 de アメリカ大統領選挙

US Presidential Election 2008 / 2008年アメリカ大統領選挙

ついでの英語 de アメリカ大統領選挙

English de US Presiential Election

大統領選挙での定番英単語・定番英語表現

アメリカ大統領選挙の英語

Super Duper

2008年米大統領選挙の英語

ワンポイント空海スラング・スラング: スラング・スラング(・スラング)をすぐ作ってしまうLAのSuper Duper Soul Mateクリス君。大体、濃いスラング・スラングって、ストリート・レベルで使い始め、その後で、Hip Hopやメディアに流れ、そして、全米に浸透する傾向あり・・・。勿論、言葉作りが巧みなラッパーもいます。:) 全米に浸透し、誰もが使う様になる頃には、ストリートで廃れてしまう寿命の短いものも多々あり。

» Q. Super Duperって?米大統領選で使われる時事英語でのSuper Duperは?

↑ Go To Top

double-degit lead

2008年米大統領選挙の英語

ObamaがClintonをdouble-digit leadするのでは、と散々騒がれたのがNew Hampshireでした。

» Q. double-digit leadって?4桁だと?

↑ Go To Top

momentum

2008年米大統領選挙の英語

オバマに対し、各局、どこもこんな風に言っていました。

"Obama has the momentum."

"Showing momentum is the name of the game."

» Q. Obamaはmomentumがある。momentumって?

↑ Go To Top

kitchen sink

2008年米大統領選挙の英語

次から次へとあらゆる手段を使い、何でもアリの戦略をしたのはヒラリーでした。冷たいと言われれば、涙で。断り続けたSNL(サタデー・ナイト・ライブ)にハッカビーやオバマが出演し好感度をアップさせていく様子を見て、オハイオ・テキサス州の予備選前に、SNL出演、デイリー・ショー出演。「夜中3時に電話を取るのは私。」とする直前のTVアド。代議員数で確実に負けているのに、オバマを副大統領にする可能性もあると彼女なりのカウント(計算)で、更なる支持率を狙うヒラリー。

涙あり、怒りあり、ディベートでオバマを褒め称えたかと思ったら翌日、12時間以内にガラっと豹変して、責め立てる姿、プレイヤーもどき、オバマのムスリム疑惑に対するコメント、きついな、と思いました。

» Q. ヒラリーのありとあらゆる何でも戦法は何と呼ばれる?

↑ Go To Top

市民権取得のインタビューでのQ&A

アメリカ大統領選挙の英語

下記の♦ : 市民権取得のインタビューでも、アメリカ知識基礎問題として、選挙について聞かれる可能性があります。

♦ Q. Who elects the President?

♦ Q. How long is the President elected?

♦ Q. Requirements to be eligible candidate for President?

♦ Q. In what month to vote for President?

♦ Q. In what month is the new President inaugurated?

答え ⇒ ついでの英語 de 米大統領選

↑ Go To Top