Way2Real(ウェイ・トゥ・リアル)

From Honolulu, Hawaii

W2R Kookai Presents

ディープな英語: ジョーク de 英語

オバマ大統領 as 最高司令官 vs ドナルド・トランプ as ???
メディアのあり方

››› WAY2ReAL オンライン SHOP

ディープなアメリカ > アメリカ・メディア・サーカス

  Home > ディープなアメリカ > Pres. Obama as Commander in Chief: 最高司令官としてのオバマ大統領

Pres. Obama as Commander in Chief
/ 最高司令官としてのオバマ大統領

Pres. Obama Birther Issue Page 2 / オバマ大統領の出生地疑惑問題 P.2

Deep and/but Light

ホワイトハウス記者協会主催夕食会

White House Correspondents' Dinner

WHCA's annual dinner(ホワイトハウス記者協会主催年次夕食会)

アメリカ第30代大統領、John Calvin Coolidge(ジョン・カルヴァン・クーリッジ)大統領(ハーディング大統領とフーヴァー大統領の間で、1923-1929年が任期。)時代から行われていて、毎年4月最後の日曜日にヒルトン・ワシントンにてホワイトハウス記者協会主催で、開催されています。

大統領が最近の時事や話題の人物や報道陣と自分自身をロースト(*)し、その後で、著名なコメディアンが大統領、時事、話題の人、報道陣に対してローストを繰り広げます。

What's roast? / ローストって?

日本の辞書だと、焼き肉、あぶる、ローストする、の他に、酷評するとか、非難する、とかしか出ていないかと思いますが、Hm.. Hmm..

ジョークを飛ばしまくり、散々、make fun of(からかい)、
ridicule(あざ笑う)する事がローストです。

* お笑い系専門局のComedy Centralでも、たまに、著名人やコメディアンやテレビ司会者などを呼んでは、色んな人達がローストされています。

出席者は、大統領、大統領夫人や(副大統領)、政治家、報道陣の他、どんどんハリウッド・セレブの姿も増えてきています。クーリッジ大統領時から、ディナーに出席した大統領は、14名。

ディナーで募った資金で、ジャーナリズムを専攻する学生達にスカラシップを出したり、ジャーナリズムで、最も、prestigious(名誉ある)賞がジャーナリストに与えられたりするのもこのディナーでです。

* 1962年までは、WHCAのメンバーに女性はいたものの、ディナーは男性だけだったそうです。ヘレン・トーマス(UPI通信社が統一教会と関わりのあるニューズ・ワールド・コミュニケーションズに買収された2000年までの間、57年間勤務した、1920年生まれで、JFK以降の大統領を取材したジャーナリスト。)に駆立てられ、JFKが、女性禁止を廃止しない限りは出席しない、として変わった、との事。(*1)


この項目の参照サイト:
» WHCA
» WHCA: History (*1)

↑ Go To Top

ホワイトハウス記者協会

White House Correspondents' Association

ホワイトハウス記者協会とは、ホワイトハウスと、アメリカ大統領を報道するジャーナリスト達の組織で、報道陣の代表です。

代表は報道陣から選出され、大統領と共に同行する報道陣の予算を管理したり、ホワイトハウスのウエスト・ウィングのbriefing room(記者会見室)にどのPress Corps(報道陣)がどう座るかを決めたりもします。

* 正式には、James S. Brady Press Briefing Roomです。毎日、ニュースでも取り上げられますし、報道官だったり、時には大統領がここから記者団、そして、テレビ放映で、国民に向け、記者会見している様子は、映画やテレビでもご覧になった事があるかと思います。

* 2000年に、Press Briefing Roomは、James S. Brady(1981年にロナルド・レーガン大統領の暗殺未遂事件時に銃で撃たれ、負傷し、永続的に障害を患ったホワイトハウス報道官)に敬意を評して、James S. Brady Press Briefing Roomとの名前に変わりました。

* 毎日、White House Press Secretary(ホワイトハウス報道官)がspokesman(スポークスマン、広報担当)による記者会見が行われ、その様子は、テレビで放映されていますし、各局もニュースで会見の様子の一部を取上げています。


この項目の参照サイト:
» White House Correspondents' Association
» White House Museum: West Wing > Press Briefing Room

↑ Go To Top

トランプを笑う

Roasting Trump

04/30/2011開催されたホワイトハウス記者協会主催の年次夕食会での、オバマ大統領とセス・マイヤーのディナーでのスピーチ映像は、下記、参照サイトからご覧頂けます。過去、何年も様々なビデオ映像が使用され、大統領のお笑いのセンスが楽しめます。オバマ大統領のComedian-in-Chiefぶりを、リンクより、お楽しみ下さい。

arrow arrow

White House Correspondents' Association Dinner: Pres. Obama's Roast Speech
ホワイトハウス記者協会夕食会: オバマ大統領ロースト・スピーチ

■ 下記は、オバマ大統領のスピーチの一部です。イントロダクション、対トランプ・ローストの一部、メディアの本来のあり方に語りかける最後のエンディングのみピックアップしています。

最高司令官としてのオバマ大統領: 出生地陰謀説を騒ぎ立てたドナルド・トランプ暴言、お騒がせ報道にメディアが踊る中、大統領は最高司令官でした。そして、報道陣は、つまらない事で騒ぎ立てていないで、「報道する: 発言権を与え、かつ、真実を伝える」事の重要性に訴えました。


W2R eManual: 『オバマ大統領のロースト・スピーチ@ホワイトハウス記者協会夕食会2011』

■ もし、ロースト・スピーチの完全版と訳、プラスαのアメリカ事情をご希望の方は、W2R eManual『オバマ大統領のロースト・スピーチ @ホワイトハウス記者協会夕食会 2011』(¥1,000-)を是非どうぞ。

arrow arrow


W2R SHOPで購入する(W2R SHOPページに移動します。)

W2R eManual: オバマ大統領ローストスピーチ (eManual詳細ページに移動します。)


English日本語
(w/ Hulk Hogan's entrance music "Real American")(ハルク・ホーガンがリンクに上がる時に流れる入場曲、「リアル・アメリカン」が流れる。)
Maaaai FELLOOOOW Americans! Mahalo!!『国民』の皆さん!(笑)マハロ!!(笑)
It is wonderful to be here at the WHCD. What a week!WH記者協会ディナーに来れ、大変嬉しく思います。何という1週間だ!
As some of you heard, the state of HI released my 'official' loong-form birth certificate.聞いた人もいるかと思いますが、ハワイ州が私の正式ななが〜いバージョンの出生証明書をリリースしました。
Hopefully this puts all doubts to rest. But just in case there are any lingering questions, tonight, I'm prepared to go a step further.願わくば、これで、全ての疑惑が解消されれば、良いのですが・・。もし万が一、依然としていつまでも疑問がある場合に備えて、今晩、更に一歩先まで踏み込む為に準備しました。
Tonight, for the first time, I am releasing my official birth VIDEO.今晩、初めて、私は、自分の出生ビデオを発表します。
-Disney film, "The Lion King" clip(the birth of baby lion Simba (in Africa)) plays--ディズニー映画『ライオン・キング』のシーン((アフリカでの)赤ちゃんライオン、シンバの誕生)放映-
Oh, well... Back to square one...あぁ、イヤイヤ・・・、又、振り出しに戻ったな・・。
I, I, I want to make clear to the Fox News table. That was a JOKE. That was NOT my real birth video. That was A children's cartoon. Call Disney if you don't believe me. They have the original long-form version.Fox Newsのテーブルの人達にはっきり言っておくけど、コレはジョークだからな。コレは、私の本当の出生ビデオではない。子供用の漫画だよ。もし私の信じないのであれば、ディズニーに電話してくれ。ディズニーが、『長いバージョンの』オリジナルを持ってるからね。
Omission: Check eManual省略: eManualでご確認下さい
Donald Trump!... is here tonight! Now, I know that he’s taken some flak lately, but NO ONE is happier, no one is prouder to put this birth certificate matter to rest than the Donald.ドナルド・トランプが今晩、ここに出席しています!最近彼は、激しい非難を受けている事は承知しているけれど、ドナルド以上にこの出生証明書問題に終止符を打つ事を幸せに思い、誇りに思う人は誰もいないね。
And that’s because he can finally get back to focusing on the issues that matter. Like, did we fake the moon landing? What really happened in Roswell?? And where are Biggie and Tupac???何故って、これでやっと彼は、他の問題にフォーカスし直す事が出来るからだよ。例えば、月面着陸はイカサマだったのか?とか、ロズウェルで実際何が起こったのか??とか、そして、ビギーと2パック(未だに犯人が逮捕されていない殺害されたラッパー。)はどうなったんだ???とかね。
But all kidding aside, obviously, we all know about your credentials and breadth of experience. Ah, for example.., no, seriously, just recently, in an episode of Celebrity Apprentice, at the steakhouse, the men’s cooking team cooking did not impress the judges from Omaha Steaks. And there was a lot of blame to go around. But you, Mr. Trump, recognized that the real problem was a lack of leadership. And so ultimately, you didn’t blame Lil’ Jon or Meatloaf. You fired Gary Busey.でも冗談はさておき、明らかに、私たちは皆、貴方の資格と幅広い経験を心得ています。例えば・・、イヤイヤ、ホントに、ほんの最近、セレブレティ・アプレンティスのエピソードで、ステーキ屋さんにて、男性陣チームの料理具合がオマハ・ステーキ社の審査員を感心させる事が出来なかった。そして、誰の責任なのかめくりめくっていた中で、ミスター・トランプ!、貴方こそは、本来の問題は、リーダーシップに欠けていた事に気付いていましたね。結果、リル・ジョン(ラッパー)やミートローフ(ロックシンガー)を責める事はなく、ゲイリー・ビューシー(日本ではビジーと表記。交通事故に脳に障害をもたらし、コカイン所持、DVなどで何度も逮捕されているお騒がせ俳優。)を首にした。
And these are the kind of decisions that would keep me up at night. Well handled, sir. Well handled.こういった類いこそが一晩中、一睡も出来なくなる決断だよね。よく出来ましたね、サー!あっぱれだ!
Omission: Check eManual省略: eManualでご確認下さい
You know, in the last months, we’ve seen journalists threatened, arrested, beaten, attacked, and in some cases even killed simply for doing their best to bring us the story, to give people a voice, and to hold leaders accountable. And through it all, we’ve seen daring men and women risk their lives for the simple idea that no one should be silenced, and everyone deserves to know the truth. That's what YOU DO.ここ何ヶ月かでジャーナリスト達が脅迫され、逮捕され、暴行され、攻撃され、そして、中には、殺害されたケースでさえ見てきました。彼らは、私たちにニュースを提供し、人々に意見を言う機会を与え、指導者達に責任を持たせる為、最善を尽くしている事が理由でその様な被害を受けました。これら全てを通して、誰もが発言権を持つべき(発言を禁じられるべきではない)、そして、誰もが皆、真実を知る権利がある、という基本的な目的の為に、自分の命を懸ける勇敢な男性・女性達を目の当たりにしました。それが、『貴方達が行っている事』です。
At your best that’s what journalism is. That’s the principle that you uphold. It is always important, but it’s especially important in times of challenge, like the moment that America and the world is facing now.本領を発揮する、それがジャーナリズムです。それが貴方達が守っている原則です。常に重要な事ではありますが、アメリカや世界が現在直面しているチャレンジが必要な困難な時代には、特に重要です。
So I thank you for your service and the contributions that you make. And I want to close by recognizing not only your service, but also to remember those that have been lost as a consequence of the extraordinary reporting that they’ve done over recent weeks.ですから貴方達のご尽力と貢献に感謝します。そして、貴方達の貢献だけでなく、過去何週間かにわたって、素晴らしい報道をしたが為に亡くなった方達を尊び偲んで締めくくりたいと思います。
They help, too, to defend our freedoms and allow democracy to flourish.彼らも、私たちの自由を守り、民主主義を繁栄させる事の手助けをしました。
God bless you, and may God bless the United States of America.皆さんに、そして、アメリカに神のお恵みがあります様に。


この項目の参照サイト:
» White House Correspondents' Association: Dinner

↑ Go To Top

オバマ大統領ロースト・スピーチ

完全版 & 日本語訳

04/30/2011に開催されたホワイトハウス記者協会夕食会のオバマ大統領によるロースト(ジョークでからかう)・スピーチの完全版と日本語訳にアメリカ面白社会・政治事情などと共にまとめています。

» W2R SHOPで購入

ディープな英語

Deep English: Deep USA

オバマ大統領のローストスピーチ、おまけのアメリカ政治事情解説つき。

» W2R eManual: オバマ大統領ローストスピーチ

↑ Go to Top