Way2Real(ウェイ・トゥ・リアル)

From Honolulu, Hawaii

ディープなアメリカ

Serial Killer
連続殺人犯

Charles Manson / チャールズ・マンソン

››› WAY2ReAL オンライン SHOP

Image: HNL Sunset

  Home > ディープなアメリカ > 映画 & テレビ de 実話ベース > シリアルキラー(連続殺人犯) > Charles Manson / チャールズ・マンソン

Charles Manson / チャールズ・マンソン

Who's Charles Manson?

シリアルキラー(連続殺人犯)

Charles Manson (c)biography.com

Charles Manson / チャールズ・マンソン
Charles Milles Manson / チャールズ・ミルズ・マンソン
(1934- / オハイオ州(北部)シンシナティ出身 / 犯行時期: 1969 / 逮捕: 1978 / Source: biography.com + Reference HP)

1960年代、ヒッピー文化、ドラッグ・カルチャーの全盛期、カリスマのあるカルト・リーダーして、信奉崇拝者たちに殺人を犯す様に仕向けた、20世紀で最も悪名高いシリアルキラー(連続殺人犯)


Modus Operandi(犯罪の手口)

ジーザス・クライストの化身であると信じ、1968年、ビートルズの曲を聞き、人種紛争が近づいているという警告と解釈、08/09/1969、「ファミリー」とする信奉者達に、殺しまくる様、指示。胎児を含め、7人殺害される。


更なる詳細


更なるプロファイル

»  truTV.com
(上記写真はここからのDL。事件詳細は、E!などのドキュメンタリー番組とこのHPより。)

»  Famous Trials: The Trials of Charles Manson(1970-1971)

1. 背景

連続殺人犯 / シリアルキラー

母親が武装強盗で服役中、ウエスト・ヴァージニアで伯父伯母と共に生活する。9歳から少年院生活を繰返し、母親に拒絶され、ストリートで盗みを働きながらの生活を始め、刑務所生活と路上生活を繰り返す。

1954年、仮出所後、17歳のロザリーと結婚。又、車を盗み、逮捕されるが、公判日に出廷せず、仮釈放が取消される。その間に息子チャールズ・マンソン・Jrが生まれるが、ロザリーは別の男性と共にマンソンの元を去る。

自動車泥棒、クレジット・カード詐欺等の犯罪を繰り返したマンソン、1967年に釈放されるまでの32年の大半を刑務所で過ごしつつ、別の女性レオーナとも一時的に結婚、彼女との間にチャールズ・ルーサー・マンソンをもうける。

ヒッピー文化に浸る彼の信奉者達「ファミリー」のリーダーとなり、サンフランシスコに移る。(が、自分自身はヒッピーではないと主張している。)

↑ Go To Top

2. 事件の経過

連続殺人犯 / シリアルキラー

1968年、ビートルズ「ホワイト・アルバム」中の「ヘルター・スケルター」等の曲を聞き、黒人・白人の間での黙示録的な人種紛争が近づいているという警告と解釈、ビートルズという4人の天使がヨハネの黙示録について述べていて、彼と信奉者達に近づくホロコーストに備えよと伝えている、と信じた。

08/09/1969、マンソンは「ファミリー」に人を殺す様、指示。ビバリーヒルズにある、映画監督ロマン・ポランスキーと妻で女優のシャロン・テート(妊娠8ヶ月)宅に押し入り、シャロン他、彼女の友人3人と、家に入る際に目撃された少年を殺害。ポランスキー監督はヨーロッパで撮影中であった。

ファミリーは他にもその当日訪れるはずだったユダヤ系の小説家を殺害する計画をしていたが、飛行機が遅れたため、小説家はこの悲劇から救われた。

翌日の夜、マンソン信奉者「ファミリー」は、実業家リーノ・ラビアンカと妻ローズマリーを自宅で殺害。この時は、やり方を見せる為と、マンソン自ら出向き、犠牲者を縛り、2人を殺す様命じた。

「ファミリー」によって行われた二晩に亘る大人7人と胎児の殺人事件はTate-LaBianca Case / テート-ラビアンカ事件として知られた。

マンソンは実行犯ではないものの、殺人計画・指令をしたリーダーとして、悪名を轟かせ、1971年に死刑判決を受けた。(カリフォルニアの最高裁の判決で1972年前の死刑は終身刑へと一時的に減刑され、現在も服役中である。)

↑ Go To Top

3. おまけ

連続殺人犯 / シリアルキラー

The Manson Family / マンソン・ファミリー

ほんの何人かが事件で注目を浴びたが、実際は100人位、家族と呼ばれる一味がいたのではとされている。

Charles Willis Manson = Charles Will Is Man' Son

裁判中はボカしたものの、信奉者に自分がジーザス・クライストである事を仄めかしたマンソン。自分の名前もミドル・ネームをMillesではなくWillisと名乗り、Charles Will is man's sonと意味をもたせた。

Helter Skelter

マンソンとその一味を起訴したLAの地方検事(DA)補、ヴィンセント・バグリオッシが書いた本「ヘルター・スケルタ」は、ベストセラーとなり、映画化される。

↑ Go To Top

5. 映画・テレビ・本

連続殺人犯 / シリアルキラー

ドキュメンタリー The Six Degrees of Helter Skelter
12/2008 / 105 min. / 空海お薦め度: ♦ ♦ ♦ (♦)


ドキュメンタリー Will You Kill for Me? Chrles Mnson and His Followers
2008 / msnbc / 空海お薦め度: ♦ ♦


テレビ映画 Helter Skelter [輸入DVD]
2004 / 137 min. / NR / Warner Bros. TV < CBS / o/a: 05/16/2004 / 空海お薦め度: ♦ ♦ ♦ (♦)

別のインディペンデント系で製作されるはずだったチャールズ・マンソン映画の為に、ジェレミー・デイヴィス(「Saving Private Ryan / プライベート・ライアン」「LOST シーズン1」)が既存のマンソン・インタビュー全てを文字に起こし、寝る時にまで、インタビューを聞き、トレーニングした、というだけあって、目つきから話し方と、非常に似ていてびっくり。


The Manson Family / チャールズ・マンソン ♦ ♦
2003 / 95 min / R / Mercury Films
キャラクターが誰も似ていないし、B級以下。見る必要ないでしょう。


ドキュメンタリー The Mind of Manson
interview: 1987 - o/a: 2007 / msnbc / 空海お薦め度: ♦ ♦ (♦)

相変わらずの勘違い君様子がそのまま見れる。ちっちゃ過ぎる身体つき、人をギロギロ見つめ、威圧したがる小物、マンソン。


Serial Killers: Profiling Criminal Mind [輸入DVD] (1994) ♦ ♦ ♦ ♦
Wayne Williams / Charles Manson / John Wayne Gacy / Jeffrey Dahmerをプロファイリング。詳細
60年代、プロミス・ランドとサンフランシスコにエスケープしたヒッピー達。フラワー・チャイルドとしてクリエイティブの若者達がピースサイン、自由なセックス、クサを楽しんでいたのもつかのま、更なるドラッギーな若者が増え、LSDなど刺激系のドラッグに移行すると共に、バイオレンスへと発展した様子が垣間見れる。(マンソン自身はアシッドをやらなかったのでは、とは元マンソン・ファミリー。現実逃避した若者が、コロッと、小物の曖昧な言葉を信じ、単なるピンプ的マンソンに溺れていくとは、確実にドラッグの力あってなされた事かと思われる。)


テレビ映画 Helter Skelter (1976) [輸入DVD]
1976 / 184 min. / NR / CBS / 空海お薦め度: ♦ ♦ ♦

Vince Bugliosiの小説をベースに制作されたテレビ映画。数多いマンソン物で、長らく、これが一番良く事件を描いていると言われていた。

裁判所のシーンは実際の裁判の記録に基づく。1977年エドガー・アラン・ポー賞(映画・テレビ映画・テレビ・シリーズのカテゴリーでそれぞれに、ミステリー部門で優秀なライターに与える賞)受賞。1977年エミー賞 監督賞、編集賞、作曲賞でノミネート。

     



Helter Skelter Murders [輸入DVD]
1972 / 81 min. / R / Englewood Enter. / 空海お薦め度: ♦

まだ裁判が行われている最中に製作され、チャールズ・マンソンの曲がサントラで使われている。モノクロ・シーン多し。



ザ・ビートルズ / ホワイトアルバム

「ヘルター・スケルター」他、マンソンが彼自身の解釈で影響を及ぼされたアルバム。


Crimes of the Century
2001 / 180 min. / UR / 空海お薦め度: ♦ ♦ (♦)

100年の歴史を振返り、JFK暗殺、アル・カポネ、ボニー&クライド、リンドバーグ息子誘拐殺人事件、サム・シェパード、シリアルキラーと世紀の犯罪をまとめる。


The Book of Manson (1989 / 120min)


     

↑ Go To Top

映画作品詳細情報参照HP

Movie / TV Details Ref. HP

»  アメリカ
作品情報:
The Internet Movie Databse (IMDb)

»  日本
日本でのリリース状況 / 日本語作品名:
allcinema Movie & DVD Database

事件・裁判詳細情報参照HP

Case / Trial Details Ref. HP

事件詳細は、テレビ報道、新聞、ドキュメンタリー、及び、下記HPを参照。

» truTV Library(元Court TV Crime Library)

» Biography.com

» who2.com

» Ask.com

» E! Online.com

↑ Go to Top