eManual
『ハワイ州での協議離婚手続き方法』

アメリカでの離婚手続き方法は州により異なります。ハワイ州では、あなたの配偶者が離婚を望まなくても、「和解し難い不和」("Irreconcilable Difference":『合いませんでした。』)との理由で離婚する事が可能です。

夫婦間で離婚についての全ての条件に異議がない場合の離婚は『協議離婚』("Uncontested Divorce")と呼ばれます。

ハワイ州裁判所が提供しているハワイ州司法制度による離婚手続きのインストラクション、及び、 必要提出書類を日本語に訳し、eBook[eManual]にまとめました。

お互い取り決めに異議のない場合は、手続きの必要ステップと必要書類の内容さえ理解していれば、ご自身で出来る手続きです。但し、離婚後の取決めについて、異議がある場合は、弁護士に必要手続きを依頼する事をお薦めします。

| 子供がいない場合のハワイ州協議離婚 | 子供がいる場合のハワイ州協議離婚 |

ハワイ州の協議離婚手続き: 子供がいない場合

ハワイ州裁判所が用意している申請書フォーム・必要書類に記入後、家庭裁判所に提出する事で離婚手続きが始まります。

ハワイ州の離婚の手続きは家庭裁判所にて審理される中、協議離婚であれば、必要書類さえ、きちんと家庭裁判所に提出され、判事が書類を承認されれば、法廷に出頭する必要がありません。

複雑な離婚でなければ、裁判所に提出する必要書類は、全て、裁判所で用意されていて、ダウンロードする事も可能です。

本eManualはハワイ州司法制度サイトのインストラクションを元に、未成年の子供、及び/又は、扶養している子供がいない場合の協議離婚の手続き方法と必要書類を日本語に訳しました。

| 81ページ | 内容 | 子供がいる場合の協議離婚 |

SHOPで注文  

内容『ハワイ州での協議離婚手続き方法 - 子供がいない場合』

  • ハワイ州での離婚についての基本
  • 離婚手続きのステップ
  • 離婚手続き書類
  • オアフ島家庭裁判所フォーム
  • 子供がいない場合の協議離婚のインストラクション
  • 協議離婚基本フォームの日本語訳
    | 離婚訴状 | 離婚訴状に対する答弁書の召喚状 & 答弁書 | 婚姻歴情報書 | 出頭と棄権証書 | 送達証明書 | 郵送供述書 | 収入と支出供述書 | 資産と負債供述書 | 郵送送達申請と宣言; 郵送送達命令書 | ハワイ州外での直接送達申請と宣言; 命令書 | 原告人の宣誓供述書 | (子供がいない場合の)離婚判決書 |
  • 裁判所手続き費用
  • お薦め専門弁護士

内容『ハワイ州での協議離婚手続き方法 - 子供がいる場合』

  • ハワイ州での離婚についての基本
  • 離婚手続きのステップ
  • 離婚手続き書類
  • オアフ島家庭裁判所フォーム
  • 子供がいる場合の協議離婚のインストラクション
  • 協議離婚基本フォームの日本語訳
    | 離婚訴状 | 離婚訴状に対する答弁書の召喚状 & 答弁書 | 婚姻歴情報書 | 「子供優先」プログラムへの参加通知書とそのインストラクション |「子供優先」プログラムへの参加免除要請書 | 郵送送達申請と宣言; 郵送送達命令書 | ハワイ州外での直接送達申請と宣言; 命令書 | 出頭と棄権証書 | 送達証明書 | 郵送供述書 | 収入と支出供述書 | 資産と負債供述書 | 原告人の宣誓供述書 | 補足宣誓供述書: 子供の養育費の直接支払い |(子供がいる場合の)離婚判決書] | 子供の養育費の給与天引き命令/通知書 | 郵送供述書 | 養育プラン提案書 | 監視付き訪問権命令書 |
  • 裁判所手続き費用
  • お薦め専門弁護士

コンシエージ翻訳 & 離婚手続き準備のサポート

コンシエージ[コンシェルジェ]翻訳を通して、英語圏での様々の状況でお困りの際や問題発生時に翻訳・代行連絡[問合せ]サポートさせて頂く中、本eManualをまとめました。

離婚後の取り決めなどの相談は弁護士とするべきですが、基本的なハワイ州の離婚手続きの流れは、eManualで確認可能です。eManualに記載ない事で、基本的な流れについてであれば、ダウンロード可能開始日から60日間は無料サポート致しますので、皆さんからの経験を元に、離婚手続きを始める際の注意点をお伝えする事は可能です。

お買上げ前のご注意

  • ダウンロード(DL)商品ですので、商品の性質上、ご注文後、返品・交換・キャンセルは受付けかねますのでご了承下さい
    DL商品お買上げ前の注意点
  • DL商品のご注文からダウンロードの流れは、こちらからご確認下さい:
    DL商品のご注文の流れ

ハワイ州協議離婚手続き: 子供がいる場合

ハワイ州裁判所が用意している申請書フォーム・必要書類に記入後、家庭裁判所に提出する事で離婚手続きが始まります。

ハワイ州の離婚の手続きは家庭裁判所にて審理される中、協議離婚であれば、必要書類さえ、きちんと家庭裁判所に提出され、判事が書類を承認されれば、法廷に出頭する必要がありません。

複雑な離婚でなければ、裁判所に提出する必要書類は、全て、裁判所で用意されていて、ダウンロードする事も可能です。

但し、子供がいない場合と違い、子供がいる場合は、子供の親権や子供との面会についての取決めなどの詳細を明白にする必要があり、又、別居や離婚が子供にもたらす影響に対する両親の理解を深め、家族の変化に子供達が立ち向かえる様手助けする目的のプログラムへの参加が必要です。又、子供の養育費の支払い責任を明確にする為にも、上記「子供がいない場合の離婚」とは異なり、更なる書類提出が必要です。

本eManualはハワイ州司法制度サイトのインストラクションを元に、未成年の子供、及び/又は、扶養している子供がいる場合の協議離婚の手続き方法と必要書類を日本語に訳しました。

| 135ページ | 内容 | 子供がいない場合の協議離婚 |

SHOPで注文  

eManual『ハワイ州での接見禁止命令取得手続き』


ハワイ州での家族や恋愛関係にあった人に対する一時的接見禁止命令の取得手続きのインストラクションと必要提出書類全日本語訳。
eManual『ハワイ州での接見禁止命令取得方法』詳細